コラム

外国人の携帯電話の契約手続きに関して PART 3

前回は契約時の必要な書類についてご説明しましたが、今回は政府による携帯電話利用の円滑化に向けた取り組みについてご紹介いたします。

3.携帯電話・利用の円滑化に向けた取り組み

日本で生活する上で携帯電話が必要不可欠であることから、多くの訪日外国人や在留外国人が日本に来訪する際、すぐに携帯を利用できるようにするため、政府は携帯手続等の円滑化に力を注いでいます。

内容は以下のとおり。(総務省ホームページにより)

①携帯契約時に国内銀行口座が必要とされる一方、銀行口座開設時に電話番号の記載を求められる場合がある為、政府は、口座開設時に各銀行にて電話契約が住んでいない外国人に応じて柔軟な対応を全銀協などの国内業界団体に要請。

②携帯ショップの店舗や窓口の対応が日本語のみの場合が多いことから外国人にとって負担が大きい為、政府は、携帯事業者等の多言語対応の取り組みの一層の推進を業界団体に要請。

次回は外国人におすすめの携帯キャリアについてご紹介いたします。

弊所は、ビザと法律の専門家である司法書士兼行政書士と、外国語対応可能なスタッフが外国人向けの生活支援サポート(住居探し、法律支援、翻訳通訳サービス、同行サービス 入居時のガス開栓立ち合いの段取り・契約時同行・退去時同行・管理会社への要望事項の伝達等)を行っておりますので、ご自身で手続きが難しい場合、お気軽に弊所までご相談ください。

フリーダイヤル:0120-138-552 , ・中国語対応専用電話:090-8456-6196

英語対応専用電話:080-9346-2991    韓国語対応専用電話:090-8448-2133

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ