コラム

在日外国人に向けた新型コロナウイルス関連の支援

前回でご紹介いたしました在日外国人に向けた新型コロナウイルス関連の支援について、

今回も引き続きご説明いたします。

2.新型コロナウイルスへの感染により、仕事を休む必要がある方への支援

(1)傷病手当金

健康保険に加入している方へ、病気やけがで仕事を休まざるを得ない場合、4日目の休みからの収入を支援します。

申請先:健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部

支給金額:1日あたりの金額 支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準月額を平均した額÷30日×2/3

※支給開始とは、最初に給付が支給された日のこと

支給期限:傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。

(2)休業手当

会社責任で仕事を休んだ場合、給料の60%以上の支払いを受ける支援です。

申請先:オンライン申請と郵送申請があり、労働者の方から直接申請いただけます(事業主経由での申請も可能です。)。

支給額:休業開始前賃金日額×80%×{(各月の休業期間の日数)-(「就労等した日数」と「労働者の事情で休んだ日数」の合計)}

申請期限:

中小企業

休業した期間締め切り(郵送の場合は必着)
令和2年10月~12月令和3年5月31日(月)
令和3年1月~4月令和3年7月31日(土)

大企業

休業した期間申請期限(郵送の場合は必着)
令和3年1月8日(金)~4月令和3年7月31日(土)
令和2年4月~6月

新型コロナウイルス感染症の影響により、皆さんが所属している会社の経営状況の変動の可能性があります。

もし、これにより職場で不当な扱いされたと感じた場合、労働局や労働基準監督署、ハローワークに相談することをお勧めします。

またご自身で調べても不安が残るといった方は、是非一度弊所へご連絡下さい。

経験豊富な専門家が無料で相談・対応いたします。

なお弊所では、就労ビザのほかにも永住・帰化・経営管理・留学・特定技能・特定活動・老親など様々なビザ取得のご相談にも対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-138-552 , ・中国語対応専用電話:090-8456-6196

英語対応専用電話:080-9346-2991    韓国語対応専用電話:090-8448-2133

参考文献

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210425/k10012996481000.html
https://www.mhlw.go.jp/content/000682444.pdf
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page11_00002.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html
https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/samout/index.html
https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/general/index.html

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3040/r139/https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html#shinsei

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ