コラム

留学生の起業ビザ、全国初の認定

外国人留学生による起業要件を緩和する新制度「学生起業スタートアップビザ」が令和2年3月に新設され、全国で初めて福岡市内の留学生が認定されることとなりました。 

この新制度「学生起業スタートアップビザ」は平成31年2月に国家戦略特別区域会議にて福岡市が発案した制度であったため、福岡市としては認定に特に注力していました。  

これまで外国人留学生が起業を行う場合、「留学ビザ」から「経営管理ビザ」に切り替えるためには卒業もしくは退学をした上で、母国に一時帰国してから「経営管理ビザ」を取り直す必要がありました。 

「学生起業スタートアップビザ」は、日本で事業をする際に必要な在留資格「経営・管理」の要件を整えるための期間(最長1年間)として特例的に認められました。 

この特例によって、一時帰国をせずとも在学中に「スタートアップビザ」へ切り替えることが可能となりました。  

「学生起業スタートアップビザ」が新設されたことにより、福岡市だけではなく日本全国で外国人の留学から起業を行おうと考えるかたが増加するかもしれません。  

相談対応事務所は大阪市阿倍野区あべの筋(天王寺)と東京都渋谷区(恵比寿)に構え、広範囲でのご相談にも対応しております。 

弊社では、留学ビザ・経営管理ビザ・終了ビザ等、様々なビザ取得のご相談にも対応しております。  

お気軽にお問い合わせください。  

フリーダイヤル:0120-138-552 

英語対応専用電話:080-9346-2991     

中国語対応専用電話:090-8456-6196 

韓国語対応専用電話:090-8448-2133 

ベトナム語対応専用電話: 080-5510-2593

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ