コラム

大阪を紹介「難波・心斎橋」編

ザ・大阪な雰囲気を楽しめる大阪屈指の繁華街、「難波・心斎橋」 を今回はご紹介します。これぞ大阪というB級グルメが満喫できる道頓堀、 心斎橋の並木通りには高級ブティックが軒を連ねており、 大阪に観光できた外国人は必ずと言っていいほど訪れる大阪で一番の人気エリアです。 

目次 

1.道頓堀 

2.心斎橋商店街 

3.法善寺横丁 

4.心斎橋ブランドショップ街 

5.まとめ 

1.道頓堀

道頓堀は、道頓堀川の川沿いに位置し、大阪を代表する人気の観光スポットです。かつては、芝居小屋などが多く存在し、見物客をもてなす芝居茶屋が周辺にできたことで栄えたとされています。現在では、たこ焼き・お好み焼きなどのご当地グルメが楽しめる店が多く存在し、道頓堀のグリコサインなど、派手な看板との記念撮影スポットとしても人気があります。 

2.心斎橋商店街 

心斎橋商店街は、ミナミの北側に位置する心斎橋の商店街です。南北わたって約580mもの長さがあり、老舗百貨店やショップ、飲食店が軒を連ねており、老舗や流行りの店を目的に多くの人で連日賑わうショッピングエリアとなっています。 

3.法善寺横丁 

法善寺横丁は、道頓堀の近くにある長さ80mの石畳の横丁で、もともとは法善寺の境内であったが、 露店がいつの間にか横丁へ発展していったと言われています。法善寺に祀られている不動明王は、コケに覆われており、水をかけるとご利益があると言われています。 

4.心斎橋ブランドショップ街 

心斎橋ブランドショップ街は、御堂筋沿いの高級ブランド店が並ぶ一角で、日本最大級の直営店が多く、ブランド好きな人にとっては最高のショッピングエリアとなっています。毎年冬になると御堂筋は、イルミネーションも開催されています。 

5.まとめ 

大阪ナンバーワンの観光地、道頓堀・心斎橋をご紹介しました。外国人観光客も必ず訪れる人気エリアですが、お昼と夜で雰囲気も一変するので、一日を通して大阪の雰囲気を満喫できます。弊所のある天王寺から電車で10分ほどと近くですので、観光してみてはいかがでしょうか。今回は、大阪「難波・心斎橋」エリアを紹介させていただきました。 

今回は、訪日外国人が大阪「難波・道頓堀」に訪れると必ずと言っていいほど立ち寄る観光地をご紹介しました。現在、新型コロナウイルスの影響によって、入国制限などの処置が取られています。今後、一部の国と地域で緩和される見込みですが、本来であれば外国人の方がビザを取得し、難波・道頓堀を満喫できますが、現時点では思うように渡航できない状況となっています。一日もはやく新型コロナウルスが収束し、活気ある日本、大阪に戻ってほしいところです。 

弊所、大阪(天王寺・阿倍野)事務所及び弊所関連事務所が東京(渋谷区・恵比寿)にもあり、出張相談等もお受けしております。弊所では、今までに多くの永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続きをワンストップで行っております。また、皆様のお悩みにも経験豊富な行政書士がご相談にのらせていただきます。

まずは、在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-138-552 

英語対応専用電話:080-9346-2991

中国語対応専用電話:090-8456-6196

韓国語対応専用電話:090-8448-2133

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ