コラム

新型コロナウイルス「オミクロン株」の影響で外国人入国を全面禁止に

 11月29日の午後、岸田首相は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、水際対策の強化としてアフリカ9ヵ国に限定していた外国人の入国制限を「最悪の事態を避けるため」とし、入国制限を全世界に拡大し全面禁止すると発表しました。

日本政府は、これまで外国人の新規入国を原則停止していますが、外国人のビジネス関係者や留学生、技能実習生の新規入国を11月8日から例外的に解禁していました。しかし、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の発生と拡大を受け、政府はこれまで解禁していたビジネス関係者や留学生を含めた外国人による入国禁止の措置を全世界に広げます。

まとめ

 型コロナウイルスの変異株の影響によってこれまで例外的に入国を許可されていたビジネス関係者や留学生にとっては晴天の霹靂かもしれません。現在国内においては感染者数が低い水準で推移しており落ち着きをみせていますが、新たに発生したオミクロン株については感染力、重症化しやすいのかなど不明な部分も多く、香港では、ホテルで向かい合った部屋に宿泊していた2人が接触なく感染するなど空気感染も疑われています。

これらを受けて政府は水際対策として全世界からの外国人入国者を当面の間「1か月間」全面禁止にすると発表したことで来日を予定していた留学生やビジネス目的の外国人の方は混乱しておられると思います。また、ビザに関わることや在留資格の状況についてもお困りになっている方が増加していると思われます。このような方はまず、専門家に相談することをおすすめします。

弊所グループは、大阪事務所(阿倍野・天王寺)と東京(渋谷区・恵比寿)を拠点に活動しており、出張相談・オンライン相談もお受けしております。

弊社グループでは、永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続きとそれに伴う起業にかかる様々な手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続き等をワンストップ行っております。日本語でのご相談にご不安の方は、ベトナム・ネパール・中国・バングラデシュ・英語圏等様々な各国通訳者が在籍しておりますので、ご安心してご相談下さい。

まずは、在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。 

フリーダイヤル:0120-138-552  

英語対応専用電話:080-9346-2991 

中国語対応専用電話:090-8456-6196 

韓国語対応専用電話:090-8448-2133 

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

※ネパール語・ベンガル語でのご相談希望者の方は、事前にお問合せフォームやSNSを通じてその旨お知らせ下さい。こちらから通訳者より、お電話させて頂きます。

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ