コラム

外国人が驚く日本の新幹線

外国人の方が日本に訪れたらやるべきことの一つに常にランクインされるのが「新幹線に乗る」ことだそうです。日本の新幹線は世界的にみてもトップクラスの技術と安全性と快適性を誇っています。そんな外国人から驚かれる日本の新幹線について紹介したいと思います。

目次

1.最高速度300kmを超える安全な新幹線

2.たった7分で車両内を完全清掃

3.新幹線のファーストクラス!?グランクラスがすごい

4.まとめ

1.最高速度300kmを超える安全な新幹線

世界で最も安全と言われている日本の新幹線、最高速度は路線や区間、列車、車両によって異なりますが、日本で最高速度がいちばん速いのは東北新幹線の「はやぶさ」「こまち」で、宇都宮~盛岡間を320kmで走ります。一方、東海道新幹線の最高速度は285kmとなっています。ただし、東京~新横浜間など都市部では最高速度が抑えられています。また、新幹線の到着時間は秒単位の正確性というのも驚きのひとつです。

2.たった7分で車両内を完全清掃

新幹線清掃員は世界でもトップクラス!乗客の降車が終わると車両内の清掃に入ります。清掃員は7分間で1両で座席数約100席ある清掃を1人で担当します。まず約25mの車両にある座席の下や物入れにあるゴミを素早く集めていきます。次に座席のボタンを押し、座席の向きを進行方向に変え、今度は100席あるテーブル一つずつを拭き、下がっているブラインドを上げ窓枠を拭いていきます。座席のカバーが汚れている場合には交換もします。トイレ掃除の担当者は、トイレがどれほど汚れていても7分以内に作業を終えます。仕事が遅れていたり、新人がいる場合にはチームリーダー達が応援し、最後の確認作業を行います。この作業を7分間で終えると、チームはホームに整列し、待っているお客様に「お待たせしました」と声を掛け、一礼して次の持ち場へと移動していきます。

3.新幹線のファーストクラス!?グランクラスがすごい

グランクラスとは、「新幹線のファーストクラス」と呼ばれる特別車両です。2011年3月の東北新幹線(東京~新青森間)開業時に新幹線(はやぶさ)で初めてグランクラスが導入されました。JR東日本管内の一部の新幹線には、先頭車両18席のグランクラスが設けられています。「やすらぎ」をテーマに設計された車内は、快適な旅をするために洗練されたプライベートな空間として多彩で上質なサービスを受けることができます。

弊所グループは、大阪事務所(阿倍野・天王寺)、東京(渋谷区・恵比寿)を拠点に活動しており、出張相談・オンライン相談もお受けしております。

弊社グループでは、永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続きとそれに伴う起業にかかる様々な手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続き等をワンストップ行っております。日本語でのご相談に不安がある方は、ベトナム・ネパール・中国・バングラデシュ・英語圏等様々な各国通訳者が在籍しておりますので、安心してご相談下さい。

在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。 

フリーダイヤル:0120-138-552  

英語対応専用電話:080-9346-2991 

中国語対応専用電話:090-8456-6196 

韓国語対応専用電話:090-8448-2133 

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

※ネパール語・ベンガル語でのご相談希望者の方は、事前にお問合せフォームやSNSを通じてその旨お知らせ下さい。こちらから通訳者より、お電話させて頂きます。

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ