コラム

アメリカ人が愛してやまない日本食1位はラーメンに!

今やラーメンは日本の国民食として日本人にとっては欠かせない食べ物となっていますが、そんなラーメンは訪日観光客にもとても人気です。観光庁の発表による「訪日外国人の消費動向 平成29年 年次報告書」では、「最も満足した飲食」を聞くと「ラーメン」の回答率が20.2%で1位となりました。日本食を代表する寿司よりも満足度が高かったラーメンについてご紹介します。

目次

1ラーメン人気が世界中で止まらない

2欧米人(アメリカ人)が好む「とんこつラーメン」

3海外でラーメン人気はどこからきたのか?

4まとめ

1ラーメン人気が世界中で止まらない

2013年に新横浜ラーメン博物館がおこなった調査結果によると、海外にある日本のラーメン店は約1,000店舗だそうです。最もラーメン店が多い国は、アメリカの305店舗となっており、海外におけるラーメン店の3割近くはアメリカにお店が集中していることになります。次に、タイ(171店舗)、シンガポール(148店舗)、中国(125店舗)という結果となっています。現在の調査結果は公表されてはいませんが、調査から9年経過したこれまでのラーメンブームを考えると2022年では更に店舗数が増えていると予想できます。

2欧米人(アメリカ人)が好む「とんこつラーメン」

ラーメン人気のなかでも欧米人にとくに人気なのが「とんこつラーメン」だと言われています。醤油や塩味のスープは比較的アメリカ人の口には合わず、こってりとしているとんこつの味わいがアメリカ人の味覚には合うのだと考えられます。アメリカ、ニューヨークで成功しているお店として「一風堂」、「一蘭」、「山頭火」などのとんこつラーメン店が多く出店しています。とはいえ、味噌ラーメンの「Ramen Misoya」や煮干し醤油ラーメンの「せたが屋」も出店しており、アメリカ人にとってジャパニーズヌードル(ラーメン)が受け入れられているようです。

3海外でラーメン人気はどこからきたのか?

ラーメンが世界中で人気となっていますが、この火付け役となっているのはアニメや漫画が影響しているのでは?と言われています。日本のアニメも同じく世界で大人気となっており、登場人物が美味しそうにラーメンを食べる姿が多く描かれています。これを見た外国人の方が「食べてみたい!」と感じるようです。また、日本でラーメン店に行列を作る紹介が海外のニュースや番組で取り上げられることで興味をひ要因になったのかもしれません。

4まとめ

日本人が大好きな国民食ラーメンは、海を越えジャパニーズヌードルとして世界の人々に愛されています。とくにアメリカではラーメンブーム真っただ中となっており、来日した際に有名店巡りをしたい方は多くいるのではないでしょうか?コロナ禍が落ち着き、入国の緩和がされたときには日本で人気のラーメンをぜひ食してみてください。

大阪事務所(阿倍野・天王寺)、東京(渋谷区・恵比寿)を拠点に活動しており、出張相談・オンライン相談もお受けしております。

弊社グループでは、永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続きとそれに伴う起業にかかる様々な手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続き等をワンストップ行っております。日本語でのご相談に不安がある方は、ベトナム・ネパール・中国・バングラデシュ・英語圏等様々な各国通訳者が在籍しておりますので、安心してご相談下さい。

在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。 

フリーダイヤル:0120-138-552  

英語対応専用電話:080-9346-2991 

中国語対応専用電話:090-8456-6196 

韓国語対応専用電話:090-8448-2133 

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

※ネパール語・ベンガル語でのご相談希望者の方は、事前にお問合せフォームやSNSを通じてその旨お知らせ下さい。こちらから通訳者より、お電話させて頂きます。

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ