コラム

日本の凄いところ

世界の中でも屈指の人気観光地として挙げられる日本。近年、日本が大好きな外国人が急増していると言われています。日本に住んでいる人からすると普通のことであったとしても、海外から見ると日本独自の文化だったりします。今回は、海外からみた日本の凄いところをいくつか簡単にご紹介したいと思います。

目次

1.季節と生きている

2.どこでもきれい

3.治安がいい

4.まとめ

1.美しい四季

日本は温帯に属しているため、季節の変化が比較的はっきりしています。もちろん四季がある国は日本以外にもありますが、「春」「夏」「秋」「冬」をそれぞれしっかり感じることができる、またそれぞれの良さをじっくり味わいながら生活することができることは日本の凄いところの一つとも言えます。春には花見、夏には海水浴や花火、秋には紅葉、冬にはお正月など、それぞれの季節に合わせた行事を一年中楽しむことができます。また、それぞれの季節で旬の食材を料理するなど、日本は食事の中でも季節の違いを感じられます。

2.どこでもきれい

日本を訪れる訪日外国人が驚くことの一つは日本の街が綺麗なことです。繁華街や駅構内を見渡してもゴミ箱が設置されていないにもかかわらず、どの街も綺麗に保たれています。日本人がごみを捨てない大きな理由の一つは「ゴミを自分の責任だと考えている」からだと言えます。たとえば日本の学校行事でも、ゴミを入れるためのビニール袋を各自持参することが当たり前のように教育されています。このように、自分のゴミは各自で処理するという考えが子供の頃から定着しています。

3.治安がいい

日本は世界の中でも治安が良く、平和な国と言われています。銃器の所有が禁止されているため、普段の生活の中で銃犯罪に巻き込まれる危険性が極めて低いことや、テロの発生率が世界の中では低いことなどが挙げられます。海外では、子供だけで登校したり、外で遊んだり、家で留守番したりすることが法律で禁止されているところがありますが、日本ではごく普通の光景です。また、日本では田舎や屋外などでも自動販売機が設置されているのも、治安の良さゆえにできることと言えるでしょう。

4.まとめ

今回、海外から見て日本の凄いところをいくつか紹介させて頂きました。日本の魅力を少し垣間見ることができたのではないでしょうか。コロナ禍の今、様々な場所を訪れるのは難しい状況にありますが、訪日観光の際は、ぜひ日本の様々な場所を訪れ、その良さを実際体験していただきたいと思います。

大阪事務所(阿倍野・天王寺)、東京(渋谷区・恵比寿)を拠点に活動しており、出張相談・オンライン相談もお受けしております。

弊社グループでは、永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続きとそれに伴う起業にかかる様々な手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続き等をワンストップ行っております。日本語でのご相談に不安がある方は、ベトナム・ネパール・中国・バングラデシュ・英語圏等様々な各国通訳者が在籍しておりますので、安心してご相談下さい。

在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。 

フリーダイヤル:0120-138-552  

英語対応専用電話:080-9346-2991 

中国語対応専用電話:090-8456-6196 

韓国語対応専用電話:090-8448-2133 

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

※ネパール語・ベンガル語でのご相談希望者の方は、事前にお問合せフォームやSNSを通じてその旨お知らせ下さい。こちらから通訳者より、お電話させて頂きます。

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ