コラム

離婚による税金は?前編

離婚に伴う財産分与の相談や財産分与に関する税金の相談が増えてきています。今回は、離婚にまつわる税金のお話を前編と後編の2回に渡り見ていきましょう。

目次

1.離婚にまつわる税金で多い相談Q&A

2.財産分与と税金について

3.まとめ

1.離婚にまつわる税金で多い相談Q&A

質問

離婚が決まり、子の養育費を支払うことに合意しました。税金は必要ですか?

回答

養育費については支払う側、受け取る側どちらとも税金はかかりません。

質問

離婚が決まり、慰謝料を支払うことになりました。税金は必要ですか?

回答

慰謝料については支払う側、受け取る側どちらとも税金はかかりません。

質問

離婚が決まり、財産分与として金銭を支払うことになりました。税金は必要ですか?

回答

金銭については支払う側、受け取る側どちらとも税金はかかりません。ただし、不相当に大きな金額になると、過大な部分について贈与とみなされ課税される可能性はあります。

質問

離婚が決まり、不動産を財産分与することになりました。税金は必要ですか?

回答

受け取る側には不動産譲受で必要となる登録免許税や不動産取得税が必要となりますが、譲り渡す側には譲渡所得税が必要となりますので注意が必要となります。予想外の税金が必要となり財産分与の無効を主張した裁判もありました。不動産を財産分与する場合には、居住用資産の譲渡に関する3000万円控除や婚姻期間が20年を超える夫婦間の贈与に関する2000万円控除等も検討しながら税金も念頭にどれだけを財産分与するか決めた方が良いでしょう。

2.財産分与と税金について

離婚によって財産を相手からもらった場合に通常は贈与税がかかることはありません。これは、相手方から贈与を受けたものではなく、夫婦による財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づいて給付を受けたものと考えられることになるからです。ただし、下記に該当する場合については贈与税が必要となります。

2-1分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多すぎる場合、その多すぎる部分について贈与税が必要となります。

2-2離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合、離婚によってもらった財産のすべてに贈与税が必要となります。

3.まとめ

今回は、離婚にまつわる税金で多い質問と財産分与の税金について紹介しました。離婚をする際に精神的な負担や体力を使うことも多いですが、税金などにも気をつかう必要があります。このような場合には、まず専門家などに相談してみることをおすすめします。次回は、後編として「離婚前の居住用不動産贈与と税金」と「不動産分与者への課税」についてご紹介します。

弊社グループは大阪事務所(阿倍野・天王寺)、東京(渋谷区・恵比寿)を拠点に活動しており、出張相談・オンライン相談もお受けしております。弊社では、永住許可申請、帰化許可申請、就労ビザ申請、留学ビザ申請、経営・管理ビザ申請など入管(出入国管理局)への手続きとそれに伴う起業にかかる様々な手続き、在留資格に関わるビザ更新の手続き等をワンストップ行っております。経験豊富な行政書士の専門家による、それぞれの状況に合わせたサポートを提供しております。

日本語でのご相談に不安がある方は、ベトナム・ネパール・中国・バングラデシュ・英語圏等様々な各国通訳者が在籍しておりますので、安心してご相談下さい。

在留資格、ビザのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 ※ネパール語・ベンガル語でのご相談希望者の方は、事前にお問合せフォームやSNSを通じてその旨お知らせ下さい。こちらから通訳者より、お電話させて頂きます。

フリーダイヤル:0120-138-552 

英語対応専用電話:080-9346-2991

中国語対応専用電話:090-8456-6196

韓国語対応専用電話:090-8448-2133

ベトナム語対応専用電話:080-5510-2593

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ