コラム

公印確認とアポスティーユ

公印証書、アポティーユともに日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。

各国での各種公的手続きのために日本の公文書を提出する場合があると思います

その提出機関から、外務省の証明を取得するように求められた場合に必要となります

(婚姻、離婚、出生、査証取得、会社設立、不動産購入など)

・現在、配偶者ビザで日本に在住しているが本国の不動産を購入する際

・海外で就職する場合、卒業証明書を提出しなければならない際

など場面は様々です。

では次に違いについてですが、

アポスティーユ

ハーグ条約(外国公文書の認証を不要とする条約)に基づく付箋(アポティーユ)による外務省の証明の事です。提出先国はハーグ条約締約国のみ使用可能で外務省による「アポスティーユ」のみで提出先国の領事認証の手続きを経ずに有効な文書として当事国で使用が可能となります。

※ハーグ条約加盟国の中には領事認証を求める国もあります。

公印確認

日本にある外国の大使館・(総)領事館の領事による認証(領事認証)を取得する為に事前に必要となる外務省の証明の事です。

外務省では公文書の証明を行っています。外務省では公印確認を受けた後は必ず日本にある外国の大使館・(総)領事館の領事認証を取得してください。

  • 外務省における公印確認は、その後の駐日外国大使館・(総)領事館での領事認証が必要となる証明ですので、必ず駐日外国領事による認証を受けてから提出国関係機関へ提出して下さい。
  • 提出先機関の意向で日本外務省の公印確認証明ではなく、現地にある日本大使館や総領事館の証明が求められている場合があります。外務省で公印確認証明を受けた書類は、現地日本大使館や総領事館で重ねて証明することはできませんので、ご注意ください。

フリーダイヤル:0120-138-552         中国語対応電話:090-8456-6196

英語対応電話:080-9346-2991   韓国語対応電話:090-8448-2133

ベトナム語対応電話:080-5510-2593

コラム一覧へ

同じカテゴリーの記事を読む

記事一覧へ 

ビザ・外国人雇用に関するご相談はお気軽にご相談ください!

0120-138-552

お問い合わせ

24時間ご相談受付中

サイトロゴ