外国人ビザ停止措置5月末まで延長

事実上の入国禁止措置 日本政府は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、4月末までとしていた外国人に対するビザ停止措置を、1か月ほど延長する方針を示しました。 日本政府は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた政策として、4月末までとしていた外国人に対する査証の効力やビザ免除を停止する措置を、5月末までとする方針を決定しました。 現在、外国人を巡っては73カ国・地域で入国を拒否しているほか、それ以外ではビザを無効にしています。 弊所では外国人の方が1日でも早く日本で暮らせるようになることを願っています。 また皆様にとって役立つ新しいニュースが入り次第更新していきます。