言語メニュー 言語メニュー


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yanagikaji/immigration-lawyer.co.jp/public_html/wp-content/themes/wp/functions.php on line 244

在留カード等読取アプリケーションの無料配布開始

2023.09.12
目次

    外国人が身分を証明するときに提示する在留カードですが、これまでその在留カードが偽造か否かを判断するためには入管局へ直接問い合わせを行うか、出入国在留管理庁の照会サイトを利用しなければなりませんでした。

    しかしこの度、出入国在留管理庁から、より簡単に判別できるアプリケーションがリリースされました。

    アプリケーションダウンロードや詳細はコチラ

    http://www.moj.go.jp/isa/policies/policies/rcc-support.html

    このアプリケーションの利用方法は、パソコンかスマートフォンで該当の在留カードを読み取るというシンプルな方法だけで判別が可能となります。

    在留カードの偽造については、度々ニュースとして取り挙げられており、不法滞在者の取り締まりには政府も力を注いでいます。

    仮に、外国人雇用の際に偽造在留カードを利用されてしまい、たとえそれに気付かず雇用してしまった場合にも雇用企業には罰則が科されます。

    そのような被害を防ぐためにも、今回のようなアプリケーションを利用し在留カードの不正利用を防ぎましょう。

    弊所では今までに多くの永住、帰化、就労、留学、経営、管理などのビザに関わっております。皆様のお悩みにも経験豊富な行政書士がご相談にのらせていただきます。

    まずは、在留資格のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、小さなことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    フリーダイヤル:0120-138-552 

    英語対応専用電話:080-9346-2991

    中国語対応専用電話:090-8456-6196

    韓国語対応専用電話:090-8448-2133

    ベトナム語対応専用電話: 080-5510-2593

     

     

    キーワード:在留カード、在留カード 偽造 判別方法、在留カード 読取アプリ

    この記事の監修者

    柳本 良太
    柳本 良太
    行政書士・司法書士
    行政書士法人やなぎグループ代表社員。
    24歳のときに司法書士、行政書士、賃金業務取扱主任者の国家試験を同時に、同時合格。
    大手資格予備校の専任講師をしながら、司法書士・行政書士等の法律関係の事務所を独立開業し、現在、司法書士・行政書士として、15年以上の経験を持つ。
    一部上場企業 不動産会社、金融機関、介護事業者や専門士業会 等において、セミナーや講演・講師活動も行い、現在60講演以上の実績がある。
    その他、法務省告示校の日本語学校の理事長を務め、不動産会社(外国人対応可能)の顧問を務める等、外国人関連産業において、多方面にて活躍中。

    ビザ・帰化と在留のことは
    専門家に相談するのがおすすめ

    ビザ・帰化と在留

    当事務所ではビザに関する各種申請・帰化申請についての無料相談(初回に限り)・お問い合わせにビザ・帰化申請の専門家が対応させていただいております。
    また、英語・中国語・韓国語の各言語にも対応可能で専門知識をもっている外国人スタッフが在籍しており、各言語での相談・お問い合わせにも対応可能です。こちらからお気軽に無料相談やお問い合わせをご利用ください。

    関連記事

    関連記事

    無料相談予約する お問い合わせする